マウンテンバイクの種類とタイプ別特徴

マウンテンバイクの種類とタイプ別特徴

マウンテンバイクには、大きくわかけると3種類のタイプがあります。
ハードテイルタイプ・リジットタイプ・フルサスペンションタイプの3種類です。

 

この3つの種類の違いは何なのか?
それは、サスペンションの付いている箇所によって種類わけされています。
ハードテイルタイプは、前のみにサスペンションがあります。
リジットタイプは、前後ともにサスペンションがありません。
フルサスペンションタイプには、前後両方にサスペンションが付いています。

 

それでは、それぞれのタイプ別の特徴を簡単にみていきましょう。

MTBのタイプ別特徴

ハードテイルタイプ

ハードテイルタイプのマウンテンバイクは、ダート(舗装されていない荒地)だけでなく、
前についているサスペンションが、段差等の衝撃を吸収してくれるので、
街中でも、ハンドルに伝わる感触も良く、快適に乗る事ができます。

 

このハードテイルタイプには、後にはサスペンションがついていませんので、
余分なペダリングロスがないのも、特徴のひとつです。
総重量も比較的軽いので、通常の走行使用ではハードテイルタイプの
マウンテンバイクは、使いやすく扱いやすいといえるかもしれません。

 

リジットタイプ

リジットタイプのマウンテンバイクは、前後にサスペンションがついていません。
ですから、総重量も軽く路面が比較的きれいなダートや上り坂、
街中の走行に、適しているかもしれません。
最近では、このタイプのマウンテンバイクは販売数が少なくなっているようです。

 

フルサスペンションタイプ

フルサスペンションタイプのマウンテンバイクには、
前後共にサスペンションがついていますので、
本格的にダートを楽しむには最適なタイプだといえます。

 

前後に取り付けられたサスペンションの働きで、荒地を高速走行したとしても、
マウンテンバイクの姿勢を制御しやすいのが特徴です。
特に下り坂では、その特徴を充分に発揮してくれます。

 

サスペンションが前後にあるので、乗り心地はいいですが、
総重量は、その分重たくなりますので、それが難点といえるかもしれません。

 

以上が、マウンテンバイクを大きく分けた種類と
タイプ別のおおまかな特徴です。
マウンテンバイク(MTB)入門トップへ

マウンテンバイクの種類関連エントリー

MTBの種類とタイプ
マウンテンバイクの種類の解説